オーナーの辞任表明

選手ミーティングの翌朝、私はオーナーからの電話で起床した。朝5時の電話、、、全く寝ていないと彼は言った。そして「僕にはもう無理だ、ベティ、あとはお願い」


ちょ、ちょっと待ってよ。


選手たちの動向を探るも、彼の味方をしてる人はいなさそうだ。なんで??良い人なのに~。ちょっとだらしないのと、人の好き嫌いがあるところがなあ・・・


選手たちは私と話たがっていた。たぶん、私がオーナー側につかないように。来季私が、移籍しないよう、ウォリアーズでプレーするように。


英語も得意じゃないし、連絡をしてくる選手一人ひとりと話すのは、気が重い。どうせ同じような話だろうしね。


8月8日、リーグのチャンピオンシップが、ここロサンゼルスで行なわれる。そのときにみんなと話すことにした。

0コメント

  • 1000 / 1000